実は普段は趣味としてアマチュア無線もやっている私です。
とはいっても海外と遠距離通信をバリバリやっている訳ではなく、知人と休日に
たわいもない話をする程度の無線家です。
そんな運用だから、本当はつろいだ場所でゆったりと無線をしたいものです。
しかし実際は、家の外にあるアンテナにつながっている無線機を、家の中の
好きな場所に持ち歩く訳にもいきません。
わざわざ無線機のあるところに行かずに無線をする方法がないかと考えていました。
パソコンのメッセンジャーのようにいつでもどこでも手元にノートパソコン一つあれば
アマチュア無線が出来るないだろうか?
やってみました!手軽な方法なので報告します。
アマチュア無線も最近はインターネットを使って交信する方式でECHOLINK、や
eQSOなどのソフトとインターネットを使った交信が出てきているようです。
それらはインターネットを使って交信するだけならパソコンとソフトと無線の免許が
あれば出来るようですが、実際の無線機からもインターネット経由で電波を出したい
場合は、無線機も最新の物や敷居の高い機材が必要だったりします。
私の場合は単純にパソコンに無線機を接続して、LAN経由で離れたパソコンで
会話をするという単純な方式を取ることにします。
実際どうすれば良いかと言うと、会話自体は無料のメッセンジャーソフトがいろいろ
出ていますので、それらの中でお気に入りのソフトをインストールします。
そしてパソコンのスピーカー端子と無線機のマイクを接続、また無線機のスピー
カー端子をパソコンのマイクにそれそれ抵抗等のアッテネータを通して接続すれば
OKです。
さて問題はPTT、周波数のダイアルチューニングの問題です。
周波数のダイアルについてはいろいろやり方があるのでとりあえずコレは後回し
PTTのOn/Offつまりスタンバイスイッチの切り替えをどうするかを解決すれば
とりあえず、同じ周波数でなら無線ができそうです。
さて今回はひょんな事から入手したXport。これを使ってPTTをコントロールする
事にしました。やり方は次回に報告です。

関連記事

Raspberry pi 4 USB bootサポートはいつ??

Raspberry Pi 3+ その他の設定覚え書き

Raspberry pi 3+でFTPサーバーを

raspbberry pi 3 model B+ にインストールしたRaspbianに各種サーバーを入れてみた

Raspberry pi defaultのpiユーザーから別のユーザー名に変更する方法

raspbberry pi 3 model B+ Raspbian初期設定編